腱・筋療法があなたの辛い痛みを解決します!!の北陸の大学病院に先制 圧迫による手足の痺れ

  • mixiチェック

北陸の大学病院に先制 圧迫による手足の痺れ

■2014/10/09 北陸の大学病院に先制 圧迫による手足の痺れ
ある休日の朝、1本のTELで目覚めた。
(実は、仕事中に手に力を入れると、足が痺れ、足を踏ん張ると手が痺れるという。

緊張している時特にひどくなる。どこで見てもらってもどこも悪くないといわれた。
どこが悪いのか、そちらでわかるだろうか。)

(貴方の体は、たとえて言うなら、見えないウエットスーツで1サイズか2サイズ小さいものを身に着けているようなもの。小さい中に全身でやりくりして収まっているの。だから、どこかで踏ん張ると踏ん張ったところは膨らみます。膨らんだ分だけ他でやりくりしているからそこで、震える、痺れるという形で表に現れるんです)

(そういうことか。わかりました。予約をお願いします。)

後日、見えた患者さんは、体の小柄な方でした。
しかし、体はいかにも緊張している状態で突っ張り切っていました。皮膚にゆとりが全然なく強く触れべはじけてしまいそうな、そんな体でした。

(最低でも30回くらいかからと思ってください)

12~13回治療が進んだとき(実は関西に急な用事が出来たので今日はキャンセルしてください。)

次回の治療に見えたとき(先生僕はもう治りました
実は僕はこういうもので)と出された名刺を見て驚きました。そこには某北陸大学病院名が書かれていました。当時死者からの移植手術が始まり第1回目に関西の大学病院でその手術がなされたのでした。

その手術に立ち会い。震えも、痺れも出なかったというのです。しかし、東京の大学病院にもうしばらくいるから、その間だけでも治療してください。
結局15回程で治療は終わりました。

帰り際(先生、この後僕は何を注意したらこんな苦しみから逃れることが出来ますか)
(貴方は、悲しいけれど主任教授の担当手術の時、補佐に回ると思います。その時目いっぱい体を伸ばし自分の体を大きくするでしょう。それが最大の理由です.そのあと自分の体を最大限伸ばしてください。大の字になり大きく伸びましょう。それが出来なければ、壁にピッタリ体を吸付けて大きく背伸びをしてください。それで大丈夫)

(ところで、最初のTELの時、私の説明で理解できましたか)(はい、とてもよくわかりました。でも、あのような説明は多分医者はしないでしょう。
何しろ、僕は3年もの間、島流しにあってしまった。)
何とも切ないお別れの言葉でした。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
健生
http://www.kenkinryouhou-kensei.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都板橋区宮本町1-1
TEL:03-3967-7169
------------------------------------------------
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

PAGETOP